看護師になるには

看護師になるには国家資格に合格することが必要で合格までのルートはいくつかあるので、自分にあった方法で合格を目指していきましょう。

看護師になるには

看護師とは医療や福祉の現場には欠かせないスペシャリストで患者様の健康を守り、回復後は元の生活に戻れるように援助をしたり、健康の維持や病気の予防や悪化したりすることがないよう手助けしながら健康指導をするのも仕事の一つで年齢に関係なく、資格を取得すれば看護師として社会に出る事ができる職種です。

看護師になる道は複数あるので自身の環境や希望する仕事を目指して学び資格を取得していきますが、まず一つ目は中学卒業後、看護学校へ二年通学し准看護師の国家資格に受かり、さらに准看護師として3年以上の経験を積めば看護専門学校や短大に入学することが可能で、正看護師になるための国家試験へ合格を目指しましょう。

次に高校卒業後、看護師を目指す時は看護専門学校や短大で3年、看護大学で4年勉強した後に国家資格を受験し看護師になる方法もあり、どのルートであろうとも国家資格合格を目指すことになります。

人の命を預かる看護師の仕事ですので、国家試験に合格をするのは容易な事ではなく何度も受験する人もいますが、一度資格を手にすれば、一生看護師として活躍できる資格ですので、諦めずに勉強を続けていきましょう。

不況や就職難が続いている時代ですが人手不足で常にこの職種は人材を必要としており、人の為になる仕事ですので難しい分やりがいもある事でしょう。

看護師学校を卒業した人が自身の就職について書いたホームページがありましたのでご紹介しておきます
⇒看護師情報こだわり盛り沢山(http://www.elbehre.com/

看護師を目指そうとしている人に参考になると思いますよ。

看護師について知ろう Copyright (C) www.ablusitania.com. All Rights Reserved.